iPhone 6s Plus購入2015/09/27 22:25

iPhone 6s Plusを購入しました。
iPhone 3GSを買って以来、二世代毎に機種変更を行ってきたので、順当な購入です。

日本時間9月10日に新型iPhoneの発表がありました。iPhoneは事前情報が多いですし、今回は外観上の変化が少ないので、驚くようなこともありませんでした。
機種は昨年iPhone 6/6 Plusが発表された時からPlusが欲しいと思っていたので、iPhone 6s Plusで決まりです。
カラーは3GSから5sまで、フロントパネルが黒いモデルを購入してきましたが、今回はフロントパネルが白いモデルにしました。6s Plusであることを主張したいなら新色のローズゴールドでしょうけど、特に惹かれませんし、人気も出そうなので避けました。ぶっちゃけ、背面のカラーは使う上では気にならないのですが、ゴールドはなんか趣味が良い感じがしないので、シルバーにしました。iPad Air2と同じカラーです。
容量は5sで64GBにしましたが、空きが5GBくらいなので、この先2年を考えて128GBにしました。入れていても使わないアプリもありますし、写真フォルダに3GS以来の全部の写真が入っているので、これらを整理すればかなり空くはずですが、大きいことは良い事だ、ということで(笑)

NTTドコモは10日午後から「予約の事前登録」をするとのニュースがあり、気にしていたのですが(勤務時間中)、結局見送られ、他のキャリアと同じ12日16時1分から予約開始になりました。
で、12日の16時1分から予約にトライ。重かったですが、5sの時ほどのことはなく、16時25分に予約完了のメールが届きました。料金プランのこともあるので、店頭受取りにしました。

5sの時は9月20日発売で、入荷連絡が10月3日だったので、今回はどうなるだろうと思っていたら発売日25日の午後に入荷連絡のメールが届きました。予約していたのは5sの時と同じ地元のドコモショップです。定時すぐに会社を出れば閉店に間に合うのですが、翌日が土曜日なので朝から行けばいいかと思い、その日はヨドバシ梅田に寄ってケースを買って帰宅。

で、翌日26日の開店数分後にドコモショップに入ると、整理券は機種変更の三人目。待っていると店員が来て「まずプランを選んでください。」と言う。旧プランと料金を比較したいと言うと、「みなさん新プランの方がお得です。」などと言う。そんなはずはないと言うと、確認しますと引っ込んでいって、その後カウンターに呼ばれました。ドコモでは旧プランのままだと月々サポートを受けられないのですが、それはプラン変更による増額分で相殺される程度のはずなので、比較してもらいました。
旧プラン(7GB)のままだと月額10,401円、新プラン(8GB)でカケホーダイライトだと月額10,800円とのこと。(基本的な料金だけの計算で、オプションを含めた実際に私が支払う料金ではありません。)旧プランの方が安いのは予想通りですが、思った以上に差額が少ないのは旧プランだとずっとドコモ割もなくなるからです。差額は約400円で、もう一ヶ月でドコモ歴が15年になるとずっとドコモ割が200円増額されて、約200円の差になるとのこと。旧プランには当然通話料が必要ですが、ここ三ヶ月の通話料が180円、40円、40円という状況です。それを含めても旧プランの方が安いのですが、これくらいの差ならいいかと思い、新プランにしました。データ量は概ね月5GB台ですが、一度7GBをオーバーしたことがあるので、8GBの方が安心感はあります。カケホーダイライトがなくてカケホーダイなら旧プランのままにしたでしょうけど。
勿論、これは端末代を払う2年間の話で、それを過ぎれば旧プランの方がかなり安くなりますが、2年後にはまた機種変更をするでしょうから、それは考える必要はないでしょう。でも、端末代込みとはいえ、月額が1万円を超えるのはやっぱり高く感じます。まぁ、一番高いモデルを選んだからというのはありますが、以前は旧プランの金額で月々サポートがあったのですから、それを思えばやはり値上がり感は否めません。
プランを決めて、現品の確認。店頭でのSIMの差し替えを勧められましたが、家に帰るまで復元してないiPhoneを持っていてもしかたないので、SIMの差し替えは自宅でやることにして店を出ました。入店から1時間程度でした。

家に帰って、5sの最後のバックアップ。SIMを差し替えてLTE接続などを確認して、iTunesバックアップからの復元を行いました。アプリの復元などで時間はかかります。その辺を終えてから、保護フィルムを貼り、ケースを付けて、とりあえず終了。
引き継ぎが気になったのはゲーム関係。具体的にはモバゲー、アメーバ、パズドラ、アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージです。事前に確認して、準備できることはやったのですが、結果としてはバックアップから復元したら何の手続きも必要なく、そのままプレイできました。再認証が必要だったのは、メールとTwitterです。まぁ、他にはろくに使ってないですし。

というわけで、iPhone 6s Plus シルバーです。

iPhone 6s Plus

ケースはエレコムPM-A15LZEROTCRです。ネットで目星をつけた時はハードケースだと思っていたのですが、開けてみたらシリコンケースでした。私としては初のシリコンケースです。
保護フィルムはケースの付属品です。液晶部分にはほぼ気泡なしで貼れました。とはいえ、あまり綺麗に貼れたわけでもないので、気になってきたら単品のフィルムを買って、貼り付けサービスを頼むことにします。

大きさのことはiPhone 6 Plusが出た時に言われてましたから今更ですけど、個人的にはやっとフルHD端末になったなと。Androidだと同クラスのハイエンド機はQHDや4Kの機種があるので、凄いハイスペックとは言えませんが、このサイズならフルHDあれば十分だと思います。携帯端末での4Kはネットワークも含めて考えればまだ早いように思います。
使い勝手で言うと、横幅は片手でなんとかなりますが、縦は無理ですね。全てを片手でやるのは無理でしょう。
6 Plusより重くなったことはマイナス的に言われていますが、私的には5sと較べれば重くはなったものの、モバイル端末としては許容範囲だと思います。まぁ、まだ会社の行き帰りに使ってないので、実感したとは言えませんが。

5sと較べて画面サイズ(面積)で約1.9倍、画素数で約2.85倍の6s Plusですが、実際の表示はどうなるのかというと、アプリタイプのゲームは縦横比が同じなので、単純にそのまま大きくなります。アメーバというかガールフレンド(仮)も画面サイズに合わせて広がり、情報量は増えません。違うのはモバゲー。アイドルマスターシンデレラガールズ(モバマス)だとこうなります。

モバマス

5sだと写真と同じく上下のバーが出た状態ではイベントのアイコンくらいまでしか表示されないので、両サイドに黒味が入る分縦長になって、情報量は増えています。この幅がどれくらいかというと、正確には比較していませんが、5sの画面幅くらいの感じです。とはいえ、5sと6s Plusではppi値が違うので同じ画素幅を使っているというわけでもないです。画面のサイズを認識して表示しているんでしょうか。表示されるアイコンが増えるのは便利ではありますが、アイドルの表示が大きくなると思っていたので、その点はちょっと残念です。なお、ライブなどの演出画面では横幅全部使います。演出画面というか、縦の情報が画面に収まる場合でしょうかね。
通常のWEB記事では画面が大きい分、情報量も増えるので、恩恵はありますね。

3D Touchはまだなんとも、押し込む感は良く出来てますが、使い道はこれからかなと。例えば電話のアイコンでは表示されるショートカットは新規連絡先の作成だけです。それって、電話アプリで一番使う機能ですかね? Safariだと新規タブの作成は出来てもいいかとは思いますが、アイコンを下に表示しれいればさほど手間のかかることでもないような。よく使うサイトはタブで表示しておけばいいですし。メールアプリ内ではプレビューができるんですが、これでは既読にならないので、既読にしようと思ったら開かないといけないし。

なんにせよ、新機種は嬉しいです。後は通勤しながら使ってみて、大きさをどう思うかですね。

カシオ GB-6900B-1JF2015/01/25 17:53

久しぶりに腕時計を買って、使っています。どれくらい久しぶりかというと、前に腕時計を使っていたのが何時だったか思い出せないくらいです。おそらくは携帯電話を持つようになって、時間を知るのに腕時計が必要でなくなって使わなくなったのだと思います。

時間を知るのに腕時計が必要になるのは、スマートフォンの電源を切っている飛行機の中くらいで(これも変わりそうですが)、特に必要になったというわけでもないのですが、なんとなく。

今、スマホ使いならスマートウォッチというところで、Apple Watchの発売も遠くないようですが、毎日かせいぜい二日おきに充電が必要なモノは使いたくありません。それに、個人宛てのメールの着信を頻繁にチェックするような必要もないですし。
とはいえ、今買うからにはスマートフォンと連動できるものということで、CASIOBLUETOOTH G-SHOCKです。
時計としてはアナログムーブメントのGBA-400が好みなのですが、GBA-400で出来るのは音楽プレーヤーの操作が主で、着信通知はできないので除外。
それ以外だと GB-5600BかGB-6900B ですが、機能や定価は一緒なので、デザインの好みでGB-6900Bにしました。カラーは時刻表示が白地に黒の方がいいので、GB-6900B-1JFに。

Amazonとヨドバシカメラで同額で、ヨドバシ梅田に在庫があるので、買いに行きました。腕時計は買う前にはめてみたいですし。
ヨドバシ梅田で展示品をはめてみて、問題なさそうなので、在庫確認をすると展示品のみとのこと。最初からそれが判っていたら避けたかもしれませんが、物は綺麗だったので購入しました。

最初に買った腕時計が金属ベルトのアナログだったと思いますが、ほとんどは吊るしのデジタルの安物ばかり買っていたので、高い(というほどでもないけど)腕時計を買うのは久しぶり、というか初めてかも。

買ってきて、まずはBLUETOOTHリンク。iPhoneアプリG-SHOCK+をインストールして、リンクしようとしましたが、何度やっても繋がりません。場所が悪いのかと思って場所を変えてみてもダメです。ヘルプの「どうしても接続できない場合は」を見て、ペアリングの削除をしてからやってみたら接続出来ました。展示品なので既にリンクが行われていたのでしょうか。

GB-6900B-1JF

GB-6900B-1JFです。左上がBLUETOOTH接続状態の表示、右上は時刻表示では曜日が表示され、それ以外ではモードに応じで表示が変わります。
ボタンは周囲にある操作用の4つとライト用のGマークボタンがあります。

通知設定は

 電話着信
 メール受信
 SNS新着
 カレンダー
 リマインダー

が使えます。でも、メールは会社のアカウントを入れているわけでもないので、緊急性のある連絡は来ません。SNSの着信はONこれもチェックできるときにすればいいことで、即時性はありません。というわけで、電話着信のみONにしています。まぁ、使い始めてから電話かかってきたことないですけどw
ミュージックプレイヤー操作はMODEボタン以外の3つのボタンに

 PLAY/PAUSE
 NEXT
 BACK
 VOLUME+
 VOLUME-

の内から割り当てられます。順当に曲制御の上3つを初期設定から位置を変えて割り当ててます。とはいえ、操作しやすいとは言えません。通勤で使っているのはインナーイヤーフォンもヘッドフォンも操作ができるので、そちらで操作したほうが楽です。それに、音楽を聞くのには主にiPod classicを使っているので、操作できません。

曲名表示

曲名の表示ができるのですが、対応しているのはアルファベットとカタカナだけなので、国内アニメ曲ばっかり入れている私の場合は表示できないのが多数です。表示できない場合は"Music"と表示されます。

スマートフォンを探す機能があります。といっても、「iPhoneを探す」のような何処かに置き忘れたスマートフォンを探すのではなく、BLUETOOTHで接続されいる状態で、Dボタンを1秒以上押すと、スマートフォンから音楽が流れます。私の部屋でなら役に立つ機能ですねw なお、G-SHOCK+を起動した状態でないと使えません。まぁ、これはしょうがないところでしょうか。

ということで、実質腕時計としてしか機能していません。それも、時間をiPhoneで見る癖がついているので、袖で隠れている腕時計を見ることはほとんどありません。何のために買ったのやら。まぁ、それでも電話がかかってきたら逃さずに済むので保険みたいなものでしょうか。

電池寿命は約2年。腕時計としては長い方ではないですが、スマートウォッチと違い時計として使えますね。以前腕時計を使っていた時は吊るしの安物を電池交換せずに使い捨てていましたが、これは電池交換をして使いたいですね。まぁ、腕時計を使うのを飽きなければですがw

なお、iOS8には対応していますが、iPhone 6/6 Plusには対応していないとのこと。10月にiSO8対応と同時に告知されて、未だに解決していないので、根の深い問題なのかも。私はiPhone 6/6 Plusを購入する予定はありませんが、その次のiPhoneは買うつもりなので、それまでには解決してるといいのですが。

iPad Air 2購入2014/10/25 23:58

iPad Air 2を購入しました。
第一世代、第三世代に続いて三台目のiPadです。昨年発売されたiPad Airにも興味はあったのですが、第三世代を購入してから1年2ヶ月程しか経ってなかったので自重しました。なので、今年の新型はモデルチェンジの内容に関わらず購入するつもりでした。事前に情報が漏れ聞こえつつ、10月16日(日本では17日)に新型iPadのiPad Air 2とiPad mini 3が発表されました。

モデルチェンジの内容は思った以上でした。iPadのマイナーチェンジと言えば前回は第三世代から第四世代へのモデルチェンジでしたが、あの時はCPUの性能アップなどはされたものの、端的に言えば接続コネクタがLightningケーブルになったのが最大の違いで、サイズと重量は変わりませんでしたからね。今回は薄型化と軽量化。性能面でもCPU、GPU、RAM容量がアップしています。特に薄型化のために(?)導入されたダイレクトボンディング液晶は第三世代でRetina化されて以来のモデルチェンジです。買うと決めていたとはいえ、購入意欲をそそられます。
それに対してiPad mini 3はTouch ID対応以外は昨年モデル(今回のモデルチェンジでiPad mini 2と呼ばれるようになった)と違いなし。iPad mini 2はサイズと重量以外はiPad Airと同じで、それでいて同容量のiPad Airより安いという、どうしても9.7インチという人以外はiPad mini 2を買うだろうというものでしたが、今回はあまりにマイナーチェンジ過ぎます。サイズ以外の中身はiPad 2と同じだった初代iPad mini並のがっかり感があります。(それでもあの時は小さいiPadが出たという話題性がありました。) 昨年のモデルチェンジを見送って初代iPad miniを使っていて、今年買い換えようと思っていた人にはがっかりのモデルチェンジでしょう。というか、今回のモデルチェンジで安くなったmini 2の方がお買い得ですよね。iPad Air 2に導入された新要素はどれもiPad miniにも導入できると思うのですが、昨年のiPad mini押しと思えたモデルチェンジとは違いすぎます。

今までiPadを即買いしたことはないのですが、今回は日付が変わって18日になってほぼすぐに購入しました。ケースなどは発売日でも売ってるでしょうけど、しばらくしてからの方が製品も増えますし、ちょっとは考えたのですが、Smart Caseを買うなら問題になりません。第三世代iPadはSmart Cover + クリアケースという組み合わせで使っていて、iPad Air 2でもこの組み合わせにしてみたくはあるのですが、iPad Air 2用のSmart Coverは革製じゃないんですよね。というわけで、Smart Caseも一緒に注文しました。色は(PRODUCT)REDです。
iPad本体の方はWi-Fiモデルなのは当然として色はシルバーにしました。シルバーと言うよりベゼルが白のモデルということで。それはゴールドも同じですが、ゴールドは趣味じゃないので。容量は第三世代が16GBモデルで空き容量をは約3GB。iPadでは写真を撮らないし(スクリーンショットだけ撮ります)、音楽も入れてません。メールも扱ってないので、大容量は必要ありません。とはいえ、この先も16GBでは少々心許ないので、一つ上の容量かなと。これまでなら32GBですが、iPhone 6/6 Plusと同様にiPadも今年のモデルから32GBがなくなりました。64GBは多すぎる気もしますが、16GBと64GBの価格差は一つ上のモデルのそれですから、まぁいいかと。
18日(土)の0時半までに注文を完了し、iPad Air 2は2-4営業日、Smart Caseは1-3営業日で出荷となっていました。Smart Caseは19日(日)に発送され、20日(月)に届きました。Smart Caseだけ届いてもしょうがないので、本体と一緒に発送すればいいと思うのですが。
予約受け付け開始時点ではiPad Air 2は発売日が明示されていませんでした。20日にはiPadを扱う各キャリアから24日に発売するという情報が出ました。Wi-Fi版も同じかなと思っていたら、22日にヨドバシのメールで即日出荷となっていました。そして夜の9時半頃に本体出荷のメールが届き、23日に本体が届きました。

iPad Air 2パッケージ

パッケージの写真は第一世代は正面でしたが、iPad 2から斜めになり、iPad Air 2では真横になりました。薄さを強調しているのかとは思いますが、パッケージの商品写真としてはどうなんでしょう。

23日の夜は時間が取れず、未開封。24日は金曜なので時間をとれるかと思ったら、飲み会で三軒はしごして帰ってきたので、開封できず。今日起きてから開封して、初期化して、第三世代iPadのバックアップから復元して、とりあえず動作確認終了。
で、復元の前に第三世代iPadをバックアップしたのですが、よく見ると空き容量は6GBありました。これなら16GBで良かったのでは。何で見間違えたのやら。

ヨドバシカメラのネットで液晶保護フィルムを店舗受け取りで注文し、ヨドバシ梅田へ。向かう途中で商品が準備完了のメールが届き、ヨドバシ梅田で購入。

TB-A14FLFANG

エレコムTB-A14FLFANGです。指紋防止タイプです。今回は保護フィルム貼り付けサービスを利用するので、綺麗に貼ってもらえるはずですから、気泡の心配をする必要はないはずですが、気泡が消えるタイプなのはエレコムのラインナップではこの製品が安かったからですw 不思議に思うのはiPad Air 2用とiPad Air用で製品がわかれていることです。Tocun IDに対応したので、メニューボタン周りは多少変更されたでしょうけど、iPhoneではiPhone 5とiPhone 5sは同じ液晶保護フィルムを使えるので、Touch IDの搭載が影響するとは思えません。フィルムのボタン周りの形状もそんなギリギリにはなっていないですし。厚み以外の形状は変化していないようですし、iPad AirとiPad Air 2の形状を比較している記事を見ても、保護シートに影響しそうな違いがあるように思えないのですが。
新型iPad発売直後の週末なので、貼り付けサービスも混んでいるかと思いましたが、そんなことはなく、20分で完了しました。後から見たらベゼルの部分に気泡が。まぁ、液晶の上じゃないので実害は無いですし、気泡が消えるタイプなのでそのうち消えるかと。サービス料金は1,020円ですが、今まで使ったことがなかったアフターサービスポイントで払ったでの実質タダみたいな感じです。

というわけで、Smart Caseと液晶保護フィルムを装備したiPad Air 2です。

iPad Air 2

第三世代iPadとの比較になりますが、まず軽いです。主に自宅で使うとはいえ、手に持って使うので、第三世代iPadは長時間持ち続けるには重いです。iPad Air 2は第三世代iPadのおよそ2/3の重さなのでかなり違います。薄さはケース込みのトータルで第三世代iPadよりかなり薄いですが、薄さの印象はケースをつけると損なわれますね。
液晶は鮮明な感じですが、これはタイプの違う液晶保護フィルムを貼った状態での比較なので、なんとも言えないところではあります。液晶の深さ(?)は確かに違います。が、実情用でそんなに差を感じるかは、精密なタッチを必要とするかどうかでしょうかね。
ハードのスペックアップの面ではブラウザを使っていても、第三世代iPadとは違いを感じます。まぁ、三世代違うのですから、当たり前ですが。

確かにモデルチェンジのインパクトはipad Airの時には劣るかもしれませんが、買い替えを検討している人の多くは第四世代以前のiPadを使っていると思うので、買い換える価値はあると思います。