クォーターパウンダー BLT/クォーターパウンダー ハバネロトマト2013/06/25 21:18

マクドナルドクォーターパウンダー BLTクォーターパウンダー ハバネロトマトを食べました。
先週末から限定店舗で先行販売されていましたが、最寄りの店ではなかったので、今日が初めてです。

クォーターパウンダー BLTから。

クォーターパウンダー BLT包装

包装です。最近の定番、写真入りの箱です。
このメニューに限ったことではないですけど、ハンバーガーの包装に箱を使うのは上等そうには見えるものの、食べやすさの工夫を放棄しているということかと。BIGアメリカでも最初のシリーズでは包装紙を使ってましたが、後のシリーズでは箱入りになってましたし。直接手に持ちたくない人は紙ナプキン等で包み直す必要がありますし、直接手づかみするにしても野菜がこぼれるし。前にも書いていると思いますが、マクドナルドはもっと食べやすさの工夫をして欲しいですね。

クォーターパウンダー BLT

クォーターパウンダー BLTです。バンズはゴマ付きスリット入りバンズです。バーベキュービーフ/バーベキューチキンに使われたものと同じでしょうか。

クォーターパウンダー BLT中身

中身です。といっても、見えるのは主にレタスですが。下からマスタードソース、1/4ポンドビーフパティ、チーズ、フライドベーコン、トマト、レタス、レモンソースという構成です。

次はクォーターパウンダー ハバネロトマトです。

クォーターパウンダー ハバネロトマト包装

包装です。クォーターパウンダー BLTと同様です。

クォーターパウンダー ハバネロトマト

クォーターパウンダー ハバネロトマトです。バンズもクォーターパウンダー BLTと同じなので見た目はさほど変わりません。

クォーターパウンダー ハバネロトマト中身

中身です。下からハバネロソース、1/4ポンドビーフパティ、チーズ、トマト、レタス、オニオン、ハバネロソースという構成です。

クォーターパウンダー BLTはサンドウィッチ系のメニューとしては定番の構成で、外れない味です。ソースもマッチしています。限定クォーターパウンダーとしてではなく、定番のメニューとしてこういうのが無いのがマクドナルドの惜しいところではないかと。

クォーターパウンダー ハバネロトマトは辛さがウリなのでしょう。ただ、私には「旨味とコクのある辛さ」というのは感じられませんでした。何というか、辛いだけの辛さという感じでしょうか。辛いのは平気な方ですけど。

両方ともクォーターパウンダーがベースなのでボリュームがあります。両方一度に食べるのはおすすめしませんw
クーポン適用でクォーターパウンダー BLTが510円、クォーターパウンダー ハバネロソースが470円。クォーターパウンダー BLTはこれまでの最高額メニューであるダブルクォーターパウンダーを超える価格です。ボリューム、構成から考えれば高すぎるというほどでもないですが、ハンバーガーの出す金額としてはかなり高いですね。低価格戦略を修正しているとはいえ、ちょっと出すぎた感はあります。
クォーターパウンダー BLTは上述のようにクォーターパウンダーベースではないものが、定番メニューに欲しい感じです。ただ、普通のパティだとそれはそれで物足りない気もしますが。